入院時食事療養費
入院したときは食事代として1食460円を超えた額を支給


入院したときには、医療費に対する一部負担とは別に、食事(食事療養)代として「標準負担額」を自己負担し、それを超えた額が「入院時食事療養費」として支給されます。


※1. 平成28年4月1日において、既に1年を超えて精神病院に入院している患者については、経過措置として当分の間1食につき260円に据え置かれます。
※2. 65歳以上で療養病床に入院したときの居住費は別途自己負担します。

標準負担額の軽減措置
標準負担額の軽減措置を受けるには、「限度額適用・標準負担額減額申請書」に低所得の証明書を添えて提出。申請が認められると「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付されます。保険証と認定証を医療機関の窓口へ提出することで、軽減措置が受けられます。

入院時食事療養費
事前に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が医療機関の窓口へ提示できなかった場合は後日申請により払い戻しが受けられます。
「療養費支給申請書」に領収書と、減額認定証の交付を受けていないときには交付申請書、または(非)課税証明書を添付して提出。

関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.