傷病手当金
病気やけがで働けないときは休業1日につき所定の額を支給


本人(被保険者)が、業務外の病気やけがの治療のため仕事につくことができず、給料等がもらえないときは、本人とその家族の生活を守るために、「傷病手当金」と当組合独自の「傷病手当金付加金」が支給されます。


※経過措置について
支給期間の通算化は2021年12月31日時点で、支給開始日から起算して1年6ヵ月経過していない傷病手当金(2020年7月2日以降に支給が開始された傷病手当金)に適用されます。この時点において支給開始日から1年6ヵ月経過している場合については、従前の「支給開始日から1年6ヵ月間」の支給期間となります。

資格喪失後の継続給付受給者が老齢厚生年金等を受給している場合は、傷病手当金の方が上回っている場合に限り、その差額が支給されます。
また、年金受給時には、傷病手当金付加金は支給されません。

傷病手当金
「傷病手当金支給申請書」に、事業主の休業および報酬支払いの有無に関する証明と、医師の“労務不能”という意見を受けて提出。

関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.